バングラは今日から都市封鎖を解除、明日からバスも再開

バングラは今日から都市封鎖を解除、明日からバスも再開

新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、バングラ政府が3月下旬から続けてきた約2か月間の休日が終わりました。都市封鎖明けの5月31日、街では特に大きな混乱はなかったようですが、1日あたりの感染者数(2545人)と死亡者数(40人)はそれぞれ過去最多となりました。6月1日からは、バスや国内線フライトも再開します。





長い間工事が中断していたダッカ市バリダラ地区のマンション建築工事現場では、作業員たちの姿が戻ってきました。彼らはマスクなしで、道路上で大胆に水浴びをしています。

本来であれば、「ダッカの日常が戻ってきたなぁ~」としみじみするところなんでしょうが、感染リスクが依然として高い現在、バリダラ地区内の人通りが増えることは歓迎できないですね。。。





ダッカ名物の「路上水浴び」。なぜシートの奥で隠れて水浴びをしないのか、不思議です。





にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です