バングラデシュの国父生誕100周年を記念して発行された「200タカ紙幣」

バングラデシュの国父生誕100周年を記念して発行された「200タカ紙幣」

ついに念願の200タカがついに手元にやってきました( ゚∀゚)♪

この200タカは、バングラデシュの国父「ムジブル・ラーマン」の生誕100周年を記念して、今年3月から発行されている記念紙幣です。日本でいう2000円札みたいな存在でしょうか。存在は知っていましたが、これまではなかなか出会う機会がありませんでした!! 




200タカ紙幣は、ベースが黄色と黄緑色の中間のようなキレイな色です。珍しい色なので、目を引きます。表裏には、それぞれ国父が描かれています。




前回も紹介しましたが、この方は、ハシナ首相のお父上です。




200タカはさすがに今年発行したばかりのお札なので、とてもキレイでした!!




どうやら、バングラデシュの市場には、1タカ、2タカ、5タカ、10タカ、20タカ、50タカ、100タカ、500タカ、1000タカ紙幣が流通しているようです。

噂によると、この200タカ紙幣と同時期に、金と銀の100タカの記念硬貨も発行されたようですので、そちらも是非ゲットしたいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの国父生誕100周年を記念して発行された「200タカ紙幣」”

  • おめでとうございますヽ(^o^)丿
    200タカ札なかなか出回ってないから、手にする機会は貴重ですよね。
    金銀の記念コインも出たんですねー
    日本みたいに、何処に並んで買うとかのシステムはないのかな?

    • >RIEさん
      勝手な想像ですが、与党の関係者にバラまいてそうですよねw
      とっても貴重なので、我が家では使わずに、家宝にすることにしました♪( ゚∀゚)アハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です