新型コロナウィルスの発生源とされる武漢からのバングラデシュ人帰還者で発熱症状があった8人、順調に回復?

新型コロナウィルスの発生源とされる武漢からのバングラデシュ人帰還者で発熱症状があった8人、順調に回復?

The Daily Star によると、2月1日に中国・武漢から退避帰国したバングラデシュ人312人のうち、発熱の症状があった8人は、14日間の隔離中ですが、順調に回復しているようです。



また、The Financial Expressによると、2月1日に武漢から退避してきた人たちは全員隔離しており、「コロナウィルスの影響を受けている人はいない」としています。



本当ですかね?(´・ω・`)



武漢から帰還した日本人565人のうち、新型コロナウィルス感染者は8人。単純に比較すると、バングラデシュ人312人のうち4人くらいは感染してそうな気がするのですが・・・。

国が混乱しないために、感染者が出ていても、隠しているんじゃ・・・?或いは、新型コロナウィルスを確認できる医療施設が不足しているんじゃ・・・?



周辺国でも、インドやスリランカ、ネパール、カンボジア、マレーシアなどでも感染者が出ているのに、バングラだけ出ていないのは少し不思議な気がするのですが・・・。疑いすぎですかね?w

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です