日本で引退した大型客船が、バングラデシュ・ベンガル湾のリゾート航路で復活!!

日本で引退した大型客船が、バングラデシュ・ベンガル湾のリゾート航路で復活!!

国内外の旅行に関する情報を発信するインターネットメディア「TRAICY」によると、東京と伊豆諸島などを結ぶ航路を運航している海運会社「東海汽船」(東京都港区)の大型客船「2代目さるびあ丸」が2020年6月に引退し、バングラデシュの海運会社「Launch Vessel Finder’s Bangladesh」が同船を購入していたようです。同船は12月から活躍の場をベンガル湾に移し、バングラデシュ南東部のコックスバザールと、バングラデシュ最南端の島「セントマーティン島(St. Martin’s Island)」を結ぶリゾート航路で復活を果たしたそうです。







同船は、1992年から28年間、東京~神津島航路や東京~八丈島航路、そして夏の「東京湾納涼船」などで運用され、東海汽船の<顔>として、多くの人から愛されてきたようです。







現在はパナマ船籍「MV Bay One」に生まれ変わり、運航しているようです。船内などには東海汽船時代の面影が残されているようですし、日本に縁のあるこの船にいつか機会があれば乗ってみたいです( ゚∀゚)♪







以前に日本で活躍した乗用車やバス、救急車などが海を渡り、今もバングラデシュで現役で走っていると聞いたことがありましたが、船も同じように再利用されているんですね~♪













セントマーティン島とは

セントマーティン島について、GOOGLEで調べてみたところ、ココナッツの木が並ぶビーチと漁業で知られるバングラデシュ最南端の珊瑚島で、今後、バングラデシュの観光地として開発が期待されているようです。小島なので、歩いて回れるそうです。







こんなリゾート地があったなんてΣ(・ω・ノ)ノ!







ダッカから行くとなると、いろいろ大変そうですが、面白そうですね( ゚∀゚)♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



6 thoughts on “日本で引退した大型客船が、バングラデシュ・ベンガル湾のリゾート航路で復活!!”

  • こんな島があったのですか、知っていたら行っていたかもしれないです。
    バングラにはもう一度行ってみたいと思っているのですが、私の住んでいる中国からだと広州まで3時間、
    広州で乗り継いで夜中発の飛行機でバングラほぼ1日かかるので気軽に行くことができないです。
    セントマーティン島は観光リゾート地として宣伝すれば観光客がたくさん来るかもしれないですね。

    • >ごーさん
      有名な観光地ではなさそうですよね。コックスバザールのビーチは有名だと思いますが、この島については私も初めて知りました。
      この島、船でしか行けないのであれば、交通の便が悪すぎますよねw せめてダッカから飛行機で直接行けると助かるんですが・・・( ;∀;)
      ただ、この島は中国の海南島のように大きな島ではなさそうなので、そもそも多くの観光客を受け入れることができないのかもしれないですね!

  • 去年のちょうど今頃、コックスバザールに行きましたが、セントマーチン島には行きませんでした。
    次に機会があったら、行きたいです〜
    今年の年末年始は、家で過ごすことになりそうです。
    せめて、美味しいものでも食べます(^^)

    • >RIEさん
      去年の今頃は、コロナとは無縁の生活だったんですもんね~。今となっては遠い昔のように感じます。
      このご時世、観光地は本当に大打撃を受けてますよね~。。。
      日本だと年越しそば、お雑煮、おせち料理がこの時期は欠かせませんが、バングラデシュには年越し料理や正月料理ってあるんですかね?  

      • バングラでは、西洋暦の年末年始は関係ないので、特に何もしませんが、冬ならではの食べ物はたくさんあるので、それを食べたりします。ピタとか。
        (ベンガル暦の正月4/14には、正月料理あります)
        今日は、クリスマスケーキに、Precious Piesのミニパイ4種類のアソートボックスを頼みました。レモンパイとアップルパイがおいしかったです!
        朝も昼もおやつも、今日は色々食べすぎました(^_^;)

        • >RIEさん
          なるほど!!ベンガル暦の正月には、正月料理があるんですね!?
          おーー!! ミニパイ4種類のボックス気になっていたんですが、良かったんですね♪
          私も今度頼んでみます( ゚∀゚)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です