沖縄の伝統行事「ムーチー」

沖縄の伝統行事「ムーチー」

ムーチーを漢字で書くと「鬼餅」。月桃(サンニン)の葉(カーサ)で巻く事から「カーサムーチー」とも呼ばれています。

沖縄では毎年旧暦の12月8日に、ムーチー(沖縄方言で餅の意味)を仏壇などにお供えし、家族で食べて健康を祈願し、厄払いする風習があります。

沖縄のカレンダーには「ムーチーの日」が記載されており、いかに沖縄人がこの行事を大切にしているかがわかります。

ちなみに、ムーチーに使われる月桃は、沖縄では至る所で自生しています。邪気を払う薬草とされ、昔から重宝されてきたそうです。

【ムーチー】(鬼餅)カーサムーチー8個セット 月桃の葉でくるんだ沖縄伝統のお餅|月桃もち 送料無料|

ネットでも購入できるみたい。

餅はカラフルです。餅に黒砂糖や紫イモ、カボチャなどを練り込み、月桃の葉で包んで蒸せば、色鮮やかに仕上がります。

我が家では、ムーチーの日に親戚が集まってワイワイ、子供たちが作ってくれました♫



ムーチーの由来については、こちらをご参考まで。



バングラでも家族が健康でいられますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です