これがダッカの現状

これがダッカの現状

新型コロナウイルスの更なる蔓延を防ごうと、4月から不要不急の外出を禁じているバングラデシュ。1年以上、教育機関は閉鎖したままです。

最近の行動規制では、飲食店もテイクアウトやデリバリーのみの営業しか認められていないはずですが、このお店では客が普通に店内で飲食をしていました。もうめちゃくちゃです。







バングラデシュ政府が、マスクの着用を呼びかけたり、ステイホームを呼びかけたりしても、マスクしていない人で街は溢れかえっています。そんな国です。







こちらではルールを守らないことが当たり前すぎて、当初は戸惑いましたが、「郷に入れば郷に従え」。以前に比べたら、いろいろな面で寛容になったと思います。引き続き感染対策はしっかりしつつ、少しづつ外出も増やしていきたいです。







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “これがダッカの現状”

  • お隣のインドやネパールは、大変なことになっていて、各国から続々と入国拒否されてるのに、バングラは相変わらずですねぇ(^_^;)
    主人や義母も、ビデオ通話しても、バングラはコロナないよ〜と笑っています。。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
    インドみたいになったら、どうなるのだろう。。。
    学校再開の予定もまた白紙になりましたし、どうなることやらですね。日本人学校もロックダウンだから、オンラインクラスですか?

    • >RIEさん
      バングラは能天気ですよね(´・ω・`)
      バングラにはコロナ無い発言は、やっぱりアッラーに守られているという思いが背景にあるのかもしれないですねw

      日本人学校やフレンチスクールなどは対面授業再開しました♬
      アメスクはまだかもしれませんが、バングラの現地校も早く再開してほしいですよね~。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です