コロナの影響で市民の足が奪われる

コロナの影響で市民の足が奪われる

交通機関は完全に停止

バスや船、旅客鉄道はすべて停止しました。本日、バリダラ内のリキシャはかろうじて営業していましたが、その数は激減。来週からはバリダラ内のリキシャも休業するそうです。

いつもは大渋滞している都市部の道路も、閑散としています。市民たちは新型コロナウイルスという見えない敵から身を守るため、都心部から郊外に大移動しているようです。今日のような交通量がずっと続けば最高なんですが・・・

空の便も影響を受けています。国内線はすべて運休。国際線も今月は壊滅状態です。どうしても日本に帰国しなければいけない人たちは、4月からマレーシア航空のフライトが再開するようなので、マレーシア経由で日本に帰ることができるかもしれないです。

タイ航空やシンガポール航空は当分飛ばないようですし、香港はトランジットを禁止しているので、キャセイもダメ。広州経由の南方航空も、現在ノービザでは中国に入国できないので難しいです。エミレーツはすべてのフライトを運休していますし、スリランカも規制が厳しいようです。つまり、事実上、出国できる方法がないようです。

こんな時はジタバタせずにどーんと構えて、家でまったりするしかないですね。



でも買い物はまだ大丈夫

ダッカ在住の外国人の憩いの場所「ユニマート」は25日も営業していました。24日の時点では、ユニマートが閉まるかもしれない!!!という衝撃的な情報が、バリダラに住む外国人たちの間を駆け巡りましたが、結局デマでした。商品の品薄感は否めませんが、それでも元気に今日も営業していました♪

また、外国人から絶大な人気を誇るもう一つのスーパー「ラベンダー」は、デリバリーサービスをしてくれるようです。

ただどこのスーパーも買い占め被害で、賞味期限が長い缶詰や消毒液、日本米などが入手困難となっています。

ガソリンが買えなくなるという話も聞きますので、車のガソリンは満タンにしておきましょう!

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です