コロナ禍にバングラデシュで政府批判の記者「抑圧」相次ぐ、5月には16人を訴追

コロナ禍にバングラデシュで政府批判の記者「抑圧」相次ぐ、5月には16人を訴追

毎日新聞によると、新型コロナウイルスの感染拡大が続くバングラデシュでは、ハシナ政権の新型コロナへの対応を批判したジャーナリストが訴追されるケースが相次いでいるようです。今年5月だけでも少なくとも16人のジャーナリストやブロガーが<抑圧>されたらしいです。

同記事によると、当局が訴追の根拠としているのが、2018年にハシナ政権下で成立した「デジタルセキュリティー法」です。同法では、個人や国家を脅した場合や「建国の父」で、ハシナ首相の実父であるラーマン初代大統領への否定的な情報を流布させた場合、裁判所の令状なしに拘束や家宅捜索ができるとされています。

 これまでもハシナ政権下では、政権に批判的なジャーナリストが同法違反で拘束されてきたようですが、同記事では「コロナ禍が拍車をかけた形だ」と指摘しています。バングラ政治に詳しい日下部尚徳・立教大准教授は「政権は新型コロナの治療態勢拡充が遅れた上、失業者や貧困層対策を十分にしてこなかった。ジャーナリストからの批判を抑え込むことで求心力を保ち、政権基盤を盤石にする意図がある」とコメントしています。




バングラって言論の自由が認められていない国なんですかね??

中国のようにごりごりネット規制等をしている印象は無いですが、おそろしや~~(‘A`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “コロナ禍にバングラデシュで政府批判の記者「抑圧」相次ぐ、5月には16人を訴追”

  • 日本もそうですが、バングラも政治家が腐ってますから、不当逮捕とか前から日常茶飯事ですが、独裁政権はやはり良くないですよねー
    デジタル何とか法で、私も捕まるかしら?(笑)

    • >RIEさん
      どこの国も政治家は腐ってるんですねw
      日本語のサイトまではチェックしていないような気がするので、たぶん大丈夫でしょう♪♪
      私のブログが急に更新をストップしたら、当局に拘束されたと思ってくださいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です