ゴーストタウン化したダッカ

ゴーストタウン化したダッカ

鳴りやまないクラクションの音。大渋滞する道路を、排気ガスを避けるため口を抑えながら道路を横断する歩行者たち。道路の真ん中で強引に乗客を降ろすバス。道路を我が物顔で逆走するリキシャたち--。



こうしたダッカでは当たり前だった景色が、今ではまったく見ることができません。



歩行者や車はほとんど見かけることができず、 商店は食品や医薬品を販売する店以外は閉店し、静寂が街を覆っています。警察官の姿だけが目立ちます。





以前はこんな感じだったのですが








今はこんな感じです。 ガラ―ンとしてます。

都市部でこんなにも急激に人がいなくなるなんて・・・(゚Д゚)



ダッカから人が消えてしまいました!!! 

不気味です(;´Д`)

新型コロナウイルスの感染を恐れ、市民たちが都市部から郊外に移動したというのは事実のようです。政府が突如発表した大型連休の最終日の4月4日までは、このような状態が続くんだと思います。



反対車線を走る救急車。この時期、救急車の出動要請は、殺到しているんでしょうね。

新型コロナウイルスを巡る混乱はいつ収束するのか・・・。まだまだ時間はかかりそうです。





前言撤回します。

いまだに、逆走するリキシャは健在でした(‘A`)










にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です