サイクロン「アンファン」がバングラに上陸、少なくとも7人が死亡、100万人以上の家で停電

サイクロン「アンファン」がバングラに上陸、少なくとも7人が死亡、100万人以上の家で停電

現地メディアによると、ベンガル湾で発生したサイクロン「アンファン」は20日午後、インド・西ベンガル州からバングラデシュに上陸し、沿岸部では川の氾濫による床上浸水、停電、倒木などの被害が出ているようです。人的被害としては、現時点で、少なくとも7人が死亡したようです。





20日夕方、家の中から外の景色をちょくちょく確認し、「ダッカは思ったよりも大したことないな~」と安堵していたところ、同日午後11時くらいから急に雨が強くなり始めて、今も外は大雨です。家の前の道路は、川のようになり始めました。木々も風によって、だいぶ揺れています。





別の記事によると、ベンガル湾でスーパーサイクロンが発生するのは、1999年以来初めてで、観測史上も2度目とのことです。現在は、勢力がやや衰え、スーパーサイクロンから格下げとなっているようですが、バングラデシュでは約240万人が事前に避難したようです。沿岸部では、100万人以上の家で、停電しているようですし、早く復旧してほしいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です