サイクロン「アンファン」の影響で、今も1000万人の家で停電復旧せず

サイクロン「アンファン」の影響で、今も1000万人の家で停電復旧せず

現地メディアによると、20日にバングラデシュを襲ったサイクロン「アンファン」によって、バングラデシュ沿岸部は深刻な被害を受けており、約1000万人が今も停電に苦しめられているようです。また、多くの家が倒壊したり、流されたりしたようですし、魚の養殖場や水田、マンゴー農家なども被害を受けているようです。




また、別の記事によると、現時点で、今回のサイクロンによる死者は20人に上っているようです。この暑さの中で、多くの人たちが今も電気のない生活をしているので、熱中症などの患者も増えるかもしれないですね。病院なども、もしかしたら被害を受けているかもしれないですね。




幸い、ダッカ・バリダラは、大きな被害はなかったようです。




一方、コロナについては、21日に新たに確認できた感染者数が、過去最多の1773人を記録しています。まだ、こちらの嵐は過ぎ去っていないようです(´・ω・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です