ジャムナヒューチャ―パーク、ボシュンダラシティーモールはイード前の営業再開を見送る

ジャムナヒューチャ―パーク、ボシュンダラシティーモールはイード前の営業再開を見送る

現地メディアによると、バングラデシュ政府はイード前の5月10日からショッピングモールや商店などの再開を許可していますが、ダッカで有名な大型ショッピングモールの「ジャムナヒューチャ―パーク」や「ボシュンダラシティーモール」は、国内の新型コロナウイルスの感染状況が改善していないことなどを理由に、5月10日からの営業再開を見送るようです。





再開しない理由はごもっともだと思います。けど、

ちょっぴり残念(´・ω・`)





この調子だと、もしかしたら他の小さな商店なども開店しないところ、あるのかもしれないですね・・・







政府がこの状況下でショッピングモールや商店の再開を決めた背景には、小売業者などからの相当な圧力があったからと思っていたのですが、実際はそうでもなかったってことですかね・・・(゚д゚)

単に、政府が勇み足すぎたのかな? バングラ、迷走してますね・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です