ダッカではウイルスに対する警戒心が薄れ気味

ダッカではウイルスに対する警戒心が薄れ気味

現地メディアによると、バングラデシュの国内7602か所にある縫製工場のうち、約半数の工場が4月28日から操業を再開したようです。その影響などで、ダッカの人通りは、コロナ騒ぎ以前の状態に少しづつ戻っているとみられます。バスはまだ走っていませんが、リキシャのほかに、CNGの姿もちらほら見かけるようになりました。



上の過去記事の約1か月前の様子と比べると、違いは一目瞭然です。



最近は、銀行前に長蛇の列ができています。



路上を歩いていると、ストリートチルドレンが近づいてきます。



今もほとんどの店が閉まっているので、人通りは以前の3割くらいでしょうか。



数日前までは、CNGを見かけることはほとんどありませんでした。規制がゆるくなったのかな??



これくらいの交通量だと渋滞もせず、快適です(‘ω’)ノ



外出者が増えているせいか、感染者数も増加しています。

IEDCRによると、4月29日にバングラデシュで新たに感染が確認されたのは641人で、1日当たりの増加数としては過去最多です。これで累計感染者数は、7103人となりました。

このペースで増え続けると、来週には、累計感染者数が1万人を超えそうですね(‘A`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカではウイルスに対する警戒心が薄れ気味”

  • 30日はダッカもいつもの人の多さから比べると少なかったですね~。私はチャーター便で帰国しました。ダッカ郊外に滞在していましたのでいつも2時間の所要時間が30分で空港に着きました。びっくり。いつもこのような状態だったらいいのになと思ってしまいました。日本に戻ってみると人の外出程度は見た感じ日本もバングラデシュも同じに見えます。自身が保菌しているかどうかわからないので保菌者として隔離生活に入ります…。皆さまもお気を付けくださいね。また覗きに来ます。

    • >KAYOさん
      最近は、以前のように道が混んでいなくて良いですよね♪
      昨日のチャーター便で帰国されたんですね!!! 無事に日本に帰国されたとのことで、何よりです。
      隔離生活もつらいかと思いますが、またお時間のある時はぜひ覗きに来てください。
      最近は、日本では抗体検査をしてくれるクリニックも増えているようですし、抗体検査をすれば自身が保菌者か、完治者か、未接触者かなどがわかるようですよ♬ バングラデシュでもそのような検査を受けることができる病院があればいいのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です