ダッカでよく見かける光景-ぐちゃぐちゃの電線-

ダッカでよく見かける光景-ぐちゃぐちゃの電線-

蜘蛛の巣のように複雑に絡み合った電線。地上高さ1メートルくらいのところまで垂れ下がっている場合もあり、頭を下げて電線をよけないといけないこともあります。



ここまで低いところにあると、もう歩道を歩けません(゚Д゚)



これ全部必要な電線なんですかね? 不思議です。。。



室外機の数と、電線の雑さがダッカですね~



余計な電線垂れ下がっていて、木みたいになってます。ここまでくると芸術的ですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカでよく見かける光景-ぐちゃぐちゃの電線-”

  • シレットだったか?で、電柱を地下に埋める計画がすすんでいると、最近見ましたが、将来は、バングラ名物見れなくなっちゃうかもなので、今のうちに〜(笑)

    • >RIEさん
      えー―――!!!
      日本の観光地とかで進んでいる電線の地中化が、バングラでも始まってるんですか!?!?
      この景色が見られなくなってしまったら、もうそれはバングラじゃないですーーー!!w
      シレットだけに、地中化の計画もしれっと中止にしてるかもですね♪w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です