ダッカでよく見かける光景-ボロボロだけど色鮮やかなバス-

ダッカでよく見かける光景-ボロボロだけど色鮮やかなバス-

ダッカのバスはボロボロです。

勝手な想像ですが、他の国で活躍した中古のバスを塗装し直して走っているような気がします。





バングラデシュのバスの外見は派手です。色鮮やかなので、目を引きます。





これは、バスが走っている時の様子を撮りました。開いたままのドアで、客を呼び込む兄ちゃんが体を乗り出しています!! めちゃくちゃ危ないです(;´Д`)





日本の場合は、バスがバス停にとまる際は、他の車の邪魔にならないように道の端に停車しますが、バングラデシュの場合は車線のど真ん中でも平気でとまります! これがダッカの渋滞の一つの原因になっていると思われます(‘A`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカでよく見かける光景-ボロボロだけど色鮮やかなバス-”

  • バングラのバスは、バス停で止まるわけじゃなく、乗りたい所で乗り、降りたい所で降りられますが、但し、完全には停止してないバスに飛び乗り飛び降りなくてはいけないので、運動神経悪い私には難易度高過ぎで、多分ずっと乗れないかなと思ってます(笑)
    でも、コロナ以降、バス内もソーシャルディスダンシングのルールで、少ない客しか乗れないみたいなので、バスボーイ(勝手に名前つけました(笑))の客呼び込みがあまり見られなくなりましたね。前は、一人でも多く乗せようと必死でしたから。

    路線バスじゃない、長距離バスには、学校のバス旅行で何回か乗りましたが、さぁ出発となったら、バッテリーが壊れたりして、びっくりしました。整備とかの概念があまりないんでしょうね(^_^;)

    • >RIEさん
      確かによくよく考えると完全停車はせずに、低速走行している時に乗り降りしていますねw
      バスボーイ!w 最近バリダラ付近で見たバスでは、バスボーイが元気に客を呼び込んでいましたよ♪
      外見上は、いつ止まってもおかしくないようなバスですもんね。ダッカでバスに乗る日は来るのやら・・・ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です