ダッカでよく見かける光景-人間と共存する野犬編-

ダッカでよく見かける光景-人間と共存する野犬編-

ダッカでは野犬が多いです。結構大きめの犬もいるので、怖いです。昼間の犬はおとなしいですが、夜の野犬は気が立っているのか、ピリピリしているのでかなり危険です((((( ;゚Д゚)))))







野犬については、以前も書いているので、こちらも是非ご覧ください♪







先日、ダッカ市内で突如、道路で結構深めの溝が掘られました。深さ1メートルくらいの溝です。日本だったら落ちたら危険なので、通行人が近寄ることができないようにすると思いますが、この国では、「そんなの関係ねーーー」です。







この溝は長く続いていたので、ぽつぽつと横断できる場所がつくられ、当初は竹2本を紐で縛って即席の橋がかけられていましたが、それはあまりにも危険だったので、数日後には、上の画像の鉄板のようなものに替わっていました。

それでも、夜は明かりがほとんどないので、穴に気がつかずに落下した人がいたと思います。日本だったらそれだけで大騒ぎです。







突如現れた深い溝のせいで、向こう側に渡れなくなった野犬も不便だったに違いありません。たまたま私が通りがった時、人間の列に加わり、一緒に仲良く鉄板を渡ろうとしていました( ゚∀゚)







人間の列に整然と並んで渡る野犬に癒されました( ´_ゝ`)

「ダッカではこんなの慣れっこだい」と言わんばかりの落ち着き様でした。こちらの犬は、たくましいですね!!







最近は、この溝も埋められ、元通りになっています。

で、この工事は一体何のために掘られたものだったのか・・・。大規模に掘削していましたが、結局謎です。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカでよく見かける光景-人間と共存する野犬編-”

  • 道路の工事は、drainの拡張工事だと見てましたが、違うのかな?
    バングラは予告なしに、突然道路に穴あけて工事してたりして、不便ですよね(^_^;)
    私は元々犬が苦手なので、ダッカにあまりにもたくさんの野犬がいるのは、本当にイヤです(T_T)

    • >RIEさん
      いきなり道路に穴があいていたら、びっくりしますw
      夜中にめちゃくちゃ大きな音をたてながら工事するのも、日本ではありえないことですよね。
      こちらではアザーンの爆音放送などがあるので、大きな音には寛容なんですかね? 私も最近は慣れてきましたが・・・( ゚∀゚)アハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です