ダッカで珍しい青空、澄んだ空気に癒される

ダッカで珍しい青空、澄んだ空気に癒される

7月22日は、街中の交通量がとても少なかったです。バリダラのセブンや、ジャーマンブッチャーは営業していましたが、ユニマートやラベンダーなどのスーパーはこの日も営業していなかったです。前日の21日に比べると、とても少なかったですが、この日も牛を屠り、解体している人たちがいました。







大型連休で経済活動がストップし、人の往来が少なくなったせいか、この日は青空が広がり、空気がとてもキレイでした。ダッカでは、空気は汚いのが当たり前なので、空気がきれいだというだけでハッピーな気持ちになれます。







リアルタイムの大気汚染レベルを確認できるアプリ「AirVisual」によると、ダッカの空気はこの日、「良い」となっていました。珍しいです!!







道路も、車がとても少なかったです!!







明日からのハードロックダウン再開で、街がどう変化するか、楽しみです(・∀・)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です