ダッカで船転覆、32人の死亡確認

ダッカで船転覆、32人の死亡確認

現地メディアなどによると、バングラデシュの首都ダッカで6月29日、川を航行していたフェリー同士の衝突が発生し、2階建てのフェリー「モーニングバード」が沈没し、少なくとも32人が死亡しました。行方不明者も多数出ているようです。




同記事によると、フェリーは当時、100人以上が乗船していたようです。これまでに死亡が確認されているのは、成人男性22人、成人女性7人、子供3人の計32人です。




別の記事によると、バングラデシュでは2019年に計203件の河川水難事故が発生し、219人が死亡、282人が負傷、375人が行方不明となったようです。




事故の原因が気になるところですね。写真を見る限りは、流れは穏やかそうな川でしたが・・・ 

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です