ダッカの国立動物園で2頭のベンガルタイガーが産まれる

ダッカの国立動物園で2頭のベンガルタイガーが産まれる

現地メディアによると、ダッカ市ミルプール地区にある国立動物園では、最近生まれたばかりのベンガルタイガー2頭が来場者から人気を集めているようです。ぬいぐるみのようで、とっても可愛らしいですね(‘ω’)ノ









現在、同動物園では、計11頭のベンガルタイガーを飼育しているようです。

これは是非見に行きたいです( ゚∀゚)








これらの画像は、Dhaka Tribuneから拝借しました。



RIEさん、情報提供してくださり、ありがとうございました!!

ネタ切れで更新できていなかったので、助かりました(ノ∀`)


にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ダッカの国立動物園で2頭のベンガルタイガーが産まれる”

  • かわいい話題に、ホッとしますよね!こんな時代だから余計に(^^)
    上野のパンダも産まれましたし、見に来る人間が減ったことで、動物園の動物たちが、ストレスなく生活できてる証拠ですかね〜?
    我が家のインコも今、4羽の雛が元気に育ってますよ!!

    • >RIEさん
      動物ネタは、ほっこりしますよね(・∀・)
      赤ちゃんって何でもかわいいですよね♪ ベンガルタイガー自体が珍しいのに、ベンガルタイガーの赤ちゃんはなかなかお目にかかれないですね。
      すくすく育っていますね。うちのアパートのオーナーも鳩を飼っていますし、近所の豪邸でもインコを飼っています。こちらでは鳥を飼うのが流行ってるんですか???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です