バングラの国際線フライトの乗り入れ停止措置、英国とカタールを対象国から除外

バングラの国際線フライトの乗り入れ停止措置、英国とカタールを対象国から除外

在バングラデシュ日本国大使館によると、バングラデシュ政府は6月11日、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、国際線フライトの乗り入れ停止措置の期間を更なる通知があるまで無期限延長すると発表しました。一方で、6月16日以降は英国とカタールが対象国から除外されることになったため、両国とバングラデシュを結ぶフライトは再開される予定です。





 
 
★6月16日以降の国際線フライト乗り入れ停止措置の対象国一覧
(対象国及び地域)バーレーン、ブータン、香港、インド、クウェート、マレーシア、モルディブ、ネパール、オマーン、サウジアラビア、スリランカ、シンガポール、タイ、トルコ、アラブ首長国連邦





 前回の報道は、間違っていませんでしたね。これで、カタール経由、英国経由で帰国する人が増えるのかな????

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です