バングラの国際線乗り入れ停止措置、サウジアラビアとシンガポールを対象国から除外

バングラの国際線乗り入れ停止措置、サウジアラビアとシンガポールを対象国から除外

バングラデシュ政府は、バングラデシュを発着する国際線フライトの乗り入れ停止措置の対象国について、サウジアラビアとシンガポールを新たに除外したと発表しました。現時点では、中国、マレーシア、モルディブ、カタール、スリランカ、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、バーレーン、オマーン、サウジアラビア、シンガポールの計12か国からの国際線フライトが許可されています。







USバングラやビマン航空に続き、シンガポール航空も運航再開しちゃうようですね( ゚∀゚)♪

良い流れですね~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です