バングラの現地校は2月28日まで閉鎖延長 、日本人学校は2月17日から全面再開

バングラの現地校は2月28日まで閉鎖延長 、日本人学校は2月17日から全面再開

現地メディアによると、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い閉鎖が続いている教育機関について、バングラデシュ政府は、2月28日まで閉鎖期間を延長することを決定したようです。一方で、ダッカ日本人学校は2月17日から対面授業を再開するようです♪







不思議なのは、バングラのメディアは学校再開の閉鎖が延長されるたびに、記事の中に延長する理由を落とし込んでいないことです。バングラ政府が、どういう理由で閉鎖を延長しているのか、さっぱりわかりません。最近の陽性率は3%を下回っているようですし、感染から子供たちを守るために閉鎖しているというのは、理由になっていません。イスラム教の歴史や思想、信仰生活などを教える教育施設「マドラサ」だけは、ずっと前から授業が再開している点も、解せないですね。

何より、子供たちが教育を受ける権利をはく奪されているのですから、もっとメディアも批判的な報道をするべきだと思います。ベンガル語ではそうした記事もいっぱいあるのかもしれませんが・・・




にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラの現地校は2月28日まで閉鎖延長 、日本人学校は2月17日から全面再開”

  • 本当に、コロナの状況は悪化するどころか、かなり好転してるのに(あくまで数字上ですが、明らかに、感染者は減ってる気がします)、何故、こうもダラダラ延期するのか。。。
    教育は国の力だと思うので、裏で、バングラを弱体化したい組織でも糸を引いてるのでは?なんて、あらぬ想像すらしてしまいますね(^_^;)
    この件に関しては、バングラお得意のデモが行なわれてもいないようですし。。。(・ัω・ั)解せない

    我が家は、大人が一応目を届かせて、オンラインクラスや家庭学習をさせてますが、そんな家庭はかなり少ないのでは?と思います。コロナで、経済的により苦しくなり、子どもをみる余裕もない家庭が増えたのではと推測します。そもそも、オンラインクラスに使える機器やネット回線を持っている家庭は、どれほどいるのやら。。。
    日本の友達の息子さんの小学校では、一人一人にタブレットが配られたと聞きました。それを聞くと、やはり日本は豊かだなぁと。

    • >RIEさん
      いろいろ勘ぐってしまいますよねw
      そうなんですよ!バングラはPCを飛び越えて、スマホが普及したと聞いたことがあるので、家にPCやタブレットがあるのかな?と疑問でした。
      小さなスマホの画面で勉強するのは相当大変ですよねー。
      停電もよくあるので、オンライン授業を行う環境としてはかなり劣悪です。早く再開させてあげてほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です