バングラの行動規制は、6月16日まで延長に

バングラの行動規制は、6月16日まで延長に

現地メディアによると、バングラデシュ政府は6月6日、現在実施している行動規制の期間を、6月16日まで延期すると発表しました。引き続き、不要不急の外出を禁止し、マスク着用の徹底を呼び掛けています。







今回の延長のタイミングで、レストランの営業時間は午前6時~午後10時に限定されました。また、すべての観光地やリゾート、集会所や娯楽施設が閉鎖されることとなり、結婚式やパーティー、政治的、宗教的行事なども禁止となりました。







インド変異ウイルスが市中感染していることがわかり、若干厳しい措置を講じることにしたのでしょうが、本当にこれらの措置を市民は守るのかな? ショッピングモールが営業していて、多くの人がマスクをせずにショッピングしている現状のままでは、あまり意味のない措置のように感じます。







専門家は6月下旬に感染が急増して、7月には新規感染者が1日2万人以上となり、死亡者も増えるだろうと予想しているようです。また、都市封鎖となるとしんどいですが、心の準備はしておこうと思います(´・ω・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラの行動規制は、6月16日まで延長に”

  • インド国境に近い地域では、感染者がかなり増えてるようですね。
    また、来月中頃には、クルバニイードがあり、地方との人の流れも増えますし、どうなるのかしら。
    国際線全面再開したり、コックスバザールの便を再開したりしてしまって、大丈夫なんですかね?
    中途半端なロックダウンをずるずる続けないでほしいです。

    • >RIEさん
      今日も一日の感染者数が、2000人近くまで増えていましたし、周りでも体調不良の人が増えている気がします。
      中途半端なことやってますね。。。悪い予感しかしないです(*´Д`)

      日本は、いつになったら五輪を中止するんですかね~(´・ω・`) ギリギリまで引っ張ると、他国がボイコットして、何ともかっこわるい幕切れになってしまいそうな気がします(‘A`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です