バングラの行動規制は、7月15日まで延長に

バングラの行動規制は、7月15日まで延長に

現地メディアによると、バングラデシュ政府は6月16日、現在実施している行動規制の期間を、7月15日まで延期すると発表しました。引き続き、不要不急の外出を禁止し、マスク着用の徹底を呼び掛けています。







これまでの規制内容とほとんど同じですが、今回から若干規制が緩和され、すべての政府系機関や民間企業、銀行、金融機関は、十分な感染対策を講じる条件で業務を行うことが可能になりました。







感染者数が増え続けている状況下で、逆に規制を緩和するとは大胆ですね(’A`)

6月16日は、新たに4000人近くの感染者が確認され、60人が亡くなったようです。陽性率は16.62%!!! 検査を受けて判明しただけでも約4000人なので、実際は1万人くらいが感染しているんじゃないでしょうか(*´Д`) 

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラの行動規制は、7月15日まで延長に”

  • やはり、インド変異株が猛威をふるってきてるようですね。。。
    インドみたいにならなければいいけど。
    アストラゼネカのワクチン接種した人の感染率や重症化率が知りたいですね。ワクチン効いてるのかなぁ。
    蒸し暑い中、マスク着用はしんどいですが、気を引き締め直さないとですね。
    でも、街中は、ロックダウンで延期していた選挙をやったり(うちの主人、先日4日の選挙に勝ちました!!)、結婚式をやったりしてるようです(^_^;)どうなることやら…

    • >RIEさん
      選挙戦に勝利されたんですね!おめでとうございます!!!
      集会が禁止されている中で結婚式もやっている人がいるんですね━Σ(゚Д゚|||)━
      街中の警察官でマスクしていない人がうじゃうじゃいますもんね。。。
      最近明らかに体調不良者が増えているような気がするので、気をつけたいですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です