バングラデシュ、モスクでのお祈りを一時禁止に

バングラデシュ、モスクでのお祈りを一時禁止に

現地メディアによると、バングラデシュは4月6日、新型コロナウイルスの更なる感染拡大を防ぐため、イスラム教の礼拝堂「モスク」でのお祈りを一時的に禁止すると発表しました。政府はとっくの前から外出を控えるように促していたので、「モスクでのお祈りはまだ禁止してなかったの?」という感じが否めませんが、今さら禁止になったようです。



バングラデシュは、国民の約9割がイスラム教徒です。街の至る所にモスクがあり、信者は1日に5回のお祈りをしているようです。お祈りの前には、モスクのスピーカーから「アザーン」と呼ばれる大音量のお祈りの呼びかけがあります。これが騒音レベルの音量な上、呪文のように聞こえるため、ずっと聞いていると気が狂いそうになります(‘A`)



日本でも7日に緊急事態宣言を出すようです。新型コロナウイルスのせいで平穏な日常がグチャグチャになってしまいました。早く平穏が戻ってきますようにと、モスクに行ってお祈りしたい気分ですが、自宅でお祈りすることにします(*´з`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です