バングラデシュ、レストラン内での飲食再開を許可

バングラデシュ、レストラン内での飲食再開を許可

バングラデシュ政府は、これまで実施してきた行動制限について、30日まで期限を延長すると発表しました。ただし、これまで認められていなかったレストラン内での飲食については、座席の50%を上限に営業を許可。県境を越える公共交通機関(バスや鉄道など)の運行も、一定の条件を満たせば再開できることになりました。







実際は、すでに多くのレストランが政府の指示を無視して、営業を密かに再開させていましたが、今回ようやく正式に認められました。

いつのまにかロックダウンという言葉を使わなくなっているような気がしますが、不要不急の外出を認めないというのであれば、もっと街中にいる人たちを厳しく取り締るべきですでしょう。。。

いつまで続くのやら・・・












にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュ、レストラン内での飲食再開を許可”

  • いつの間にかフェードアウト?の、不思議なロックダウンでしたね(笑)中途半端なロックダウンは、学校再開の邪魔になるから、やめてほしいわぁ(T_T)
    4月のハードロックダウン初期に、オフィスにたった一人で出勤してた私は何だったんだろう。。。と今更ながら思ったりします(^_^;)
    ロックダウン中でも、集まって会食してたりした人たちも居たようですしね。自分が守ってない人に限って、他人には自粛警察する人も居て、ウンザリしたりしました(-_-;)
    コロナ禍で、本当に大切なものも見えてたけれど、見たくなかったものも見えてきた私です。ひばりさんは如何ですか?

    • >RIEさん
      今回の不思議なロックダウンは、学校再開を遅れさせるためだけにやっているのじゃないかと邪推してしまいますね(‘A`)
      インドや他の国でインドの変異株が流行しているのに、バングラデシュで感染が拡大していないはずがないと思うのですが、疑いすぎですかね。もっともっとゲノム解析をしていくと、すでに蔓延していることが判明するんじゃないかと思ってしまいます。或いは、すでにわかっているけれど、政府がその事実に蓋をしているのかもしれませんね。調べる能力が無いのか、それとも隠蔽しているのか・・・。
      コロナ禍で夫婦が顔を合わせる時間が増えて、衝突も増えて「コロナ離婚」が増えていると報道で見たことがあります。一緒にいる時間が長くなると、良い部分も嫌な部分も見えてしまいますよね。
      コロナ禍では、気軽に人に会えなくなってしまったことが一番残念ですかね。。。
      RIEさんは今せっかく日本なので、バングラではできないことをたくさんして、ストレス発散してくださいね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です