バングラデシュ、国際線フライトの乗り入れ停止措置の再延長、4月14日まで

バングラデシュ、国際線フライトの乗り入れ停止措置の再延長、4月14日まで

大使館の領事メールによると、国際線フライトの乗り入れ停止措置が4月14日まで再延長され、ダッカから日本に帰国するための乗継便は、少なくとも4月14日まですべて欠航になったようです。



要するに、

しばらくは帰国できません。



仮に帰国できるようになったとしても、帰路で新型コロナに感染するリスクもありますし、日本での14日間の自主隔離措置などもあります。日本も感染増えているみたいですし・・・



そういえば、バリダラ地区は空港まで約10kmなので、そこそこ近く、深夜に飛行機が上空を通過した時は、「近くに飛行機が落ちたのか!?」と勘違いしてしまうほどの騒音でした。それが、最近では、野犬の鳴き声くらいしか聞こえません。飛行機の騒音が復活するのも嫌ですが、飛行機が全然飛ばない今のような異常事態がずっと続くのも嫌ですね(´・ω・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です