バングラデシュ、1日の新型コロナの新規感染者が1000人以下に

バングラデシュ、1日の新型コロナの新規感染者が1000人以下に

バングラデシュでは12月26日、新型コロナウイルスの新規感染者が834人確認されました。海外で感染が拡大する中、バングラデシュでは1日当たりの新規感染者数がついに1000人を下回り、不自然な減少傾向にあります。一方で、バングラデシュでは同日に30人が新型コロナウイルスで亡くなったそうです。







現地メディアによると、陽性率は8.41%となっているようです。







感染者が検査を受けないという問題もあると思うのですが、依然としてデタラメな検査が多いのではないかと疑っています(‘A`)

数字だけを見ると、バングラはコロナの封じ込めに成功したと誤解する人が出てくるのではないかと心配になるのですが、実情はそうではないと思います。英国や南アフリカの変異種も、バングラにはすでに入ってきていると考え、備えたほうが良いと思います!!







来年は、コロナに振り回されない年になればいいですが・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュ、1日の新型コロナの新規感染者が1000人以下に”

  • バングラには変異種は既に入ってると思って、より一層気をつけないとですね。変異種かどうかは、血液検査で分かるんですかね?

    私の周りの状況を見ると、コロナそのもので亡くなる人より、元々持病があって、頻繁に通院治療が必要な人が、通院が前のようにできにくくなり、持病が悪化して亡くなるケースが多い感じなので、この状況が長く続くのは怖いなぁと思います。

    • >RIEさん
      先ほど、別の記事で書きましたが、バングラでも2カ月前に似たような変異種を確認していたようです。
      なんで公表するのが今になったの!? って感じです。日本でも変異種かどうかは特別な施設で検査をしないと確認できないとニュースでやっていたので、簡単にはわからないのかもしれません。
      持病を持っている要注意ですよね~。バングラは糖尿病患者が多いんですよね!! 病院が重症者であふれかえらないか心配です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です