バングラデシュでの日本人に対するアライバルビザ発給を巡る問題、発給停止は誤報。日本人は引き続き利用できる模様

バングラデシュでの日本人に対するアライバルビザ発給を巡る問題、発給停止は誤報。日本人は引き続き利用できる模様

過去記事の通り、現地メディアなどで、日本人に対する発給停止の情報が流されましたが、どうやら日本人に対するアライバルビザの発給停止は誤報だったようです。今のところは、日本人は引き続き、アライバルビザを利用できるようです。



現時点では、現地メディアによる誤報に対する訂正記事が見つかりませんでしたが、バングラデシュでは間違った内容を報道しても、訂正する文化が無いのかもしれません。日本大使館による領事メールは下記のとおりです。




昨日,報道による日本国籍者に対するオンアライバルビザ発給停止についての領事メールを発出したところですが,本日,報道は誤りで,日本国籍者に対するオンアライバルビザ発給停止の事実は,現時点(3月5日正午)で無いことが確認されました。
 ただし,今後どのような政策が施行されるかは現時点で判明しておりませんので,最新情報を入手次第,領事メールにてお知らせいたします。
在留邦人の皆様,当地に渡航予定の方におかれましても,引き続き最寄りのバングラデシュ大使館および総領事館などから最新の関連情報の入手に努めてください。


お隣のインドでは、3月3日以前に発給したビザは無効になったようで、入国する際は新たに健康であることを証明した上で、ビザを取得する必要があるようですし、バングラデシュでも同様の措置が今後行われるかもしれません。いずれにしても、この時期に、海外渡航を考えている人たちは、そうしたリスクもあることを念頭に、最新の政府発表や報道を注視していくしかありませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です