バングラデシュでは8月1日からの一部工場再開に伴い、1日のみ公共交通機関の規制を緩和へ

バングラデシュでは8月1日からの一部工場再開に伴い、1日のみ公共交通機関の規制を緩和へ

現地メディアによると、バングラデシュでは8月1日から輸出向け製品を取り扱う工場が再開することになったことに伴い、8月1日は、1日限定で公共交通機関の運行を認めると発表しました。







どうせロックダウンを徹底するつもりもないのであれば、行動規制を完全に撤廃し、普段の生活に戻してほしいです。

メディアは、フェリーターミナルが混雑している様子をよく撮影していますが、バングラには橋が少ないので、フェリーが多いってことなんでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュでは8月1日からの一部工場再開に伴い、1日のみ公共交通機関の規制を緩和へ”

  • これで、田舎からドバーっと人が戻ってきて、また感染者増えますねー
    意味のないロックダウンは8/5以降も延長するでしょうね。。。
    出勤や買い物に影響大なので、本当に困ります(TдT)

    • >RIEさん
      中身の伴わないロックダウンを延々と続けても、国民が疲弊するだけですよね。
      現状では、感染を減らすことができる要素がまったく無いので、皆が一度は感染するところまでいかないと、改善されないんじゃないですかね~。。。
      私なんかはもう、二度くらい新型コロナに感染している気がしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です