バングラデシュで5月31日から緩和される新型コロナの感染防止措置まとめ

バングラデシュで5月31日から緩和される新型コロナの感染防止措置まとめ

バングラデシュでは、新型コロナウイルスの1日あたりの感染者数が2日連続で過去最多となり、5月29日は2523人の感染が確認されました。そんな厳しい状況の中、バングラデシュ政府は、3月26日から講じていた自宅待機要請、政府機関・オフィスの原則営業停止などの感染防止措置を、5月31日から更に緩和させると発表しました。




これまでの現地報道やJETROなどによる情報を、以下の通りまとめてみました。




5月31日~6月15日、バングラで禁止されていること、求められていること

・各県をまたぐ移動は引き続き禁止

・原則として午後8時から翌午前6時まで外出禁止

・外出時のマスク着用の徹底

・基本的には自宅待機

・市場やショッピングモールでのソーシャルディスタンスの確保

・全ての店舗・モールは午後4時までしか営業できない




5月31日以降に再開すること、できるようになったこと

・医薬品産業、輸出志向型産業などの生産活動は、保健省発行のガイドラインを順守し、従業員の健康安全を確保した上で、引き続き操業可能

・銀行業務を平常時に戻す

・全ての政府機関・オフィスは必要最小限の範囲で稼働

・公共交通機関(鉄道やバスなど)の再開

・6月1日以降、ダッカ-チョットグラム間、ダッカ-シレット(北東部)間、ダッカ-ソイドプール(北西部)間で、国内線を再開




漏れがあるかもしれませんが、暇だったのでまとめてみました。6月はいろいろと変化がありそうですね(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です