バングラデシュと日本のハーフの橋本陸斗選手、中学生Jリーガーに

バングラデシュと日本のハーフの橋本陸斗選手、中学生Jリーガーに

バングラデシュ人の父、日本人の母を持つJ2東京VのU―16日本代表、MF橋本陸斗選手(15歳)が2月末、プロデビューを果たしたそうです。15歳10か月26日のデビューは久保建英選手、森本貴幸選手についで、Jリーグ史上3番目の年少記録だそうです。





日焼け具合が、バングラデシュ人っぽいですね(‘ω’)ノ

身体能力が高く、ドリブルとスピードが武器のようです。





将来、日の丸を背負って活躍してくれるかもしれないですね♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュと日本のハーフの橋本陸斗選手、中学生Jリーガーに”

  • 将来の活躍が楽しみですね!!
    日本もハーフの子たちが増え、活躍の機会もどんどん増えてきているのは、嬉しいです(*^^*)

    • >RIEさん
      最近のアスリートって、ひと昔前と比べてハーフ多いですよね。
      大坂なおみやケンブリッジ飛鳥、サニブラウンなど、ハーフのアスリートは本当に増えている気がします。
      お子さんの将来も楽しみですね( ゚∀゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です