バングラデシュに対する感染症危険情報、レベル3に引き上げ

バングラデシュに対する感染症危険情報、レベル3に引き上げ

外務省は5月22日、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況を踏まえ、バングラデシュに対する感染症危険情報をレベル2からレベル3に引き上げ、渡航中止勧告を出しました。これによって、今後は外国人のバングラデシュ滞在者は、永住者などを除いて日本に入国できなくなる予定です。日本人も空港でのPCR検査が必要になる見込みです。




今回新たにレベル3に引き上げられたのは計11か国で、

アジアはインド、パキスタン、バングラデシュの3か国、

中南米は、アルゼンチンとエルサルバドルの2か国、

欧州は、キルギスとタジキスタンの2か国、

中東・アフリカは、アフガニスタン、ガーナ、ギニア、南アフリカの4か国です。




ようやくレベル3になりました。PCR検査は空港ですぐに結果が出ないみたいですし、これまで以上に日本に帰国するのが面倒になりましたね。




あとは、フライト再開がいつになるかですね・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュに対する感染症危険情報、レベル3に引き上げ”

  • 日本に一時帰国のことを考えると憂鬱になりますが、感染が拡がってる国からの入国を規制するのは当然ですよね。
    バングラは先が見えませんが、先を行く欧米や日本が、うまく、社会生活を再開して、感染が拡大してる国のお手本となり、助けてくれたらいいなと期待します。

    • >RIEさん
      本当にそうですよね。日本はバングラデシュとは全然違うスピードで抑え込んでいますね。
      次の一時帰国はいつになることやら・・・。我が家は年内に一度くらい帰国できたらいいな~と考えていますが、今年の夏休みでのタイミングは絶望的ですよね~。。。 フライトが再開しても、帰国後の2週間の自主隔離措置が解けてからじゃないと、一時帰国しても勿体ないですよね(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です