バングラデシュのガソリンスタンド事情

バングラデシュのガソリンスタンド事情

運転手によると、ダッカでは粗悪なガソリンを販売しているガソリンスタンドもあるようです。ですので、ガソリンスタンドならどこでも良いというわけではないみたいです。また、現金のみしか対応していないガソリンスタンドが多いようです。







今では日本もセルフのガソリンスタンドが増えていますし、フロントガラスを拭いてくれるサービスや、見送りの際に大きな声で「ありがとうございました」と言いながら深々とお辞儀をする従業員はとても少なくなってしまいました。営業を停止するガソリンスタンドも増えていますし、地方では廃墟となったガソリンスタンドもよく見かけます。







バングラデシュのガソリンスタンドでは、セルフのガソリンスタンドを見たことがないですが、サービスは皆無です。基本的にボロボロです。日本のようなピカピカしたガソリンスタンドは見たことがないですね。







ロックダウン前などは、多くの人がガソリンを補充するため、売り切れる時も結構ありました。日本ではガソリンスタンドのガソリンが売り切れるって滅多にないと思いますが、この国では割と頻繁にあると思います!! 我が家の運転手が嘘を言っていなければですが・・・。







あと、日本ではタクシーくらいしか、「LPG(液化石油ガス)」に対応していないと思いますが、こちらではおそらくLPG車が結構走っているんじゃないでしょうか。LPGのガススタンドのような店も見たことがあります(・∀・)







子供の時によく父親が行っていたガソリンスタンドは、曜日限定でしたが、ガソリンを補充するとうどんの麺や焼きそばの麺を無料でサービスしてくれていました。そういうガソリンスタンドってまだあるのかな??

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



4 thoughts on “バングラデシュのガソリンスタンド事情”

  • バングラでは、ガソリン車を、CNGやLPGも使えるように改造して販売してるのが多いですよね(ガソリンは高いから)。スタンドも、ガソリンスタンドより、CNGスタンドの方が数が多いです。我が家の車も、今年の1月に買い替えるまでは、ガソリン(Octane)とCNG併用でしたが、やはり、車のエンジンにとっては、CNGはあまり良くないようです(元々ガソリン車ですからね)買い替えた車は、ハイブリッド車なので、ガソリンオンリーですが、燃費もよく、以前より、燃料費は減りました!!
    CNGも、ガソリンも、スタンドにより、品質の良し悪しの差が大きいのは事実です。燃費がかなり変わりますよ。

    世界的には、ガソリン車は無くそうと言う動きがありますよねー
    電気自動車が中心になったら、電気が足りないバングラは大変でしょうね(^_^;)

    • >RIEさん
      やはりそうでしたか!!! こちらでは改造していたんですか~。
      品質の良し悪しもやはりあるんですね!!! RIEさんが言うのであれば、間違いなさそうですね(ノ∀`)
      バングラで電気自動車が普及するのは、まだまだ先になりそうですね~!!
      電気の安定供給ができないのって、インドやスリランカなどの南アジアのほかの国でも同様なんですかね~?
      それともバングラだけの問題なのか・・・

      • ドライバーは、ガソリン代をちょろまかす人も多いので、気を付けてくださいね。我が家は、必ず、私か主人がスタンドに一緒に行ってます。

        バングラは、原発が稼働すれば(ロシアのプロジェクトで確か作ってますよね?)、電力は安定供給されると思いますが、原発は怖いですから、複雑ですよねー

        • >RIEさん
          バングラの原発、めちゃくちゃこわいですね(゚Д゚)
          事故が起こっても、ニュースにしなさそう・・・。
          ガソリン代をちょろまかされると嫌ですね!うちの運転手も、結構な頻度でオイル交換やエアフィルターの交換だの言ってくるので、なかなか厄介です。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です