バングラデシュのビザ(査証)

バングラデシュのビザ(査証)

日本人がバングラデシュに入国するには、ビザ(査証)が必要です。

そこで、今回は査証の申請方法について、ご説明させていただきます。

駐日バングラデシュ大使館HPなどを参考にしていますが、大使館HPの英語と日本語のページでは、異なる説明がされていることもありますので、査証取得の際は念のため、最新情報を大使館から直接確認するのが良いと思います。時間には余裕を持って申請してください。

手続きが面倒であれば、査証代理申請業者に依頼するのも便利です。約1週間かかりますが、5000円~2万円程度で代理申請してくれるようです。


ビザの申請方法

①航空券、ホテルを手配する

②日本人や日本の居住許可証を持つ外国国籍者は、ビザ申請サイトにアクセスし、機械読み取り可能ビザ(MRV)のオンライン申請を行います

※2020年6月15日現在、上記のサイトでは、写真をうまくアップロードできないですが、大使館に直接写真を持って行けばよいそうです

③オンライン申請した後、申請者は記入したオンライン申請用紙をプリントアウトし、以下の文書を添付して大使館領事部に提出します。 訪問目的(取得するビザの種類)によって提出書類は異なります。 また、必要に応じて、大使館が追加書類を要求する場合もあるようです 。なお、郵送による申請は受け付けていません


A. 観光ビザ申請に必要な書類

( 滞在可能な日数は、30日間。親族訪問の場合は90日間までの滞在が認められるケースもあるようです。一つのビザで有効な入国回数は、1回シングルのみ。有効期間はビザ発給日から6か月間。 一般的な観光目的に加え、学術セミナーや親族訪問などの目的での渡航に対して発給されるようです )

・オンライン申請書

・ 6か月以上の残存有効期間と2ページ以上の空白ページがある申請者のパスポートと、パスポートの情報ページのコピー

・6か月以内に撮影したパスポート用( 縦4.5cm×横3.5cm )写真1枚

・バングラデシュのホテル予約確認書 (不要の可能性あり)

・フライトの詳細が確認できるEチケット

・英文による在職証明書、或いは職業説明書

・(バングラデシュ渡航歴のある方は)直近に取得したビザのコピー

・(外国国籍の方は)在留カードの表裏のコピー


B. 商用ビザ申請に必要な書類

(滞在可能な日数は、30日間、60日間、90日間から選択可。一つのビザで有効な入国回数は、1回シングル、2回ダブル、マルチプル(回数制限なし)から選択可。ビザの有効期間は、6か月間或いは1年間です。企業訪問や会議出席、会社設立などの目的での渡航に対して発給されるようです)

・オンライン申請書

・ 6か月以上の残存有効期間と2ページ以上の空白ページがある申請者のパスポートと、パスポートの情報ページのコピー

・6か月以内に撮影したパスポート用( 縦4.5cm×横3.5cm )写真1枚

・バングラデシュのホテル予約確認書 (不要の可能性あり)

・フライトの詳細が確認できるEチケット

・英文による在職証明書、或いは職業説明書

・(バングラデシュ渡航歴のある方は)直近に取得したビザのコピー

・(外国国籍の方は)在留カードの表裏のコピー

・所属先企業や団体からの推薦状、或いは自営業者の場合は自己推薦状 (RECOMMENDATION LETTER)(原本)

・申請者の所属先の企業や団体の英文会社案内。自営業者の場合は、英文による自営内容説明書 (原本)

・ バングラデシュ側受入先企業,或いは団体からの英文招聘状(INVITATION LETTER )(原本或いはコピー)※ 会社からの推薦状が、商工会議所認証済みの場合は不要


C.投資ビザ申請に必要な書類

( 滞在可能な日数は、30日間、60日間、90日間から選択可。 一つのビザで有効な入国回数は 、1回シングル、2回ダブル、マルチプル(回数制限なし)から選択可。 有効期間は6か月間或いは1年間です。バングラデシュ国内企業への投資目的で渡航する投資家に対して発給されるようです )

・オンライン申請書

・ 6か月以上の残存有効期間と2ページ以上の空白ページがある申請者のパスポートと、パスポートの情報ページのコピー

・6か月以内に撮影したパスポート用( 縦4.5cm×横3.5cm )写真1枚

・バングラデシュのホテル予約確認書 (不要の可能性あり)

・フライトの詳細が確認できるEチケット

・英文による在職証明書、或いは職業説明書

・(バングラデシュ渡航歴のある方は)直近に取得したビザのコピー

・(外国国籍の方は)在留カードの表裏のコピー


・所属先企業や団体からの推薦状、或いは自営業者の場合は自己推薦状 (RECOMMENDATION LETTER)(原本)

・申請者の所属先の企業や団体の英文会社案内。自営業者の場合は、英文による自営内容説明書 (原本)

・バングラデシュ側投資先企業或いは団体からの英文招聘状(INVITATION LETTER)( 原本或いはコピー) ※ 会社からの推薦状が、商工会議所認証済みの場合は不要


D. 留学ビザ申請に必要な書類

( 滞在可能な日数は、留学期間によって異なります。 一つのビザで有効な入国回数は 、マルチプル(回数制限なし)です。 ビザの有効期間は、6か月間~1年間。留学を目的として渡航する申請者に対し発給されるようです)

・オンライン申請書

・ 6か月以上の残存有効期間と2ページ以上の空白ページがある申請者のパスポートと、パスポートの情報ページのコピー

・6か月以内に撮影したパスポート用( 縦4.5cm×横3.5cm )写真1枚

・バングラデシュのホテル予約確認書 (不要の可能性あり)

・フライトの詳細が確認できるEチケット

・英文による在職証明書、或いは職業説明書

・(バングラデシュ渡航歴のある方は)直近に取得したビザのコピー

・(外国国籍の方は)在留カードの表裏のコピー

・バングラデシュ側留学先学校からの英文招聘状 (INVITATION LETTER)( 原本或いはコピー)

・最終学歴の英文卒業証書(原本)

・ 申請者ご本人の英文による預金残高証明書 (原本)



などなど。


ビザ申請料金

日本国民:無償
日本国民以外の申請者:米ドルまたは他の通貨でビザ申請料金をお支払いいただけるようです。支払い先は以下の通りです。

銀行:ゆうちょ銀行
口座名:バングラデシュ大使館
口座番号:10080-73796751



ビザ手続き時間

少なくとも3営業日かかります。さらに時間がかかる場合もあるようです。



お問い合わせ先

駐日バングラデシュ大使館

メール:consular.bdembjp@mofa.gov.bd
電話:03 3234 5801



大使館領事部の営業時間

営業日:月曜日〜金曜日(全サービス)
毎月第1日曜日(ビザ関連のサービス以外は可)
査証の申請:09:00~11:30
査証の受領:15:00 ~16:00


アクセス

駐日バングラデシュ大使館 (〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3番29号 )

最寄り駅:麹町駅(1番出口を出て右に曲がって徒歩5分程)

大使館の建物正面は、バングラデシュの伝統的な刺繍模様をモチーフにしており、とても目立っています。


アライバルビザについて

アライバルビザとは、事前に駐日バングラデシュ大使館で申請するのではなく、現地の空港で取得するビザのこと。地球の歩き方などによると、ダッカの空港に到着後、イミグレーションの近くの免税店のような店の前に「Immigration Service Bangladesh Police」のカウンターがあるので、そこで申請できるとのこと。日本人は無料。

滞在予定日数に応じて、適宜ビザが発給されるとのことですが、必ず取れるという保証はないようなので、やはり事前に大使館でビザを取得するのが安全なようです( ..)φメモメモ


にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です