バングラデシュの国父ムジブル・ラーマン像が、中国の毛沢東像とそっくりな件

バングラデシュの国父ムジブル・ラーマン像が、中国の毛沢東像とそっくりな件

ダッカ市内で発見したバングラデシュの国父ムジブル・ラーマン像。

この構図、どこかで見覚えがあると思ったら、中国の毛沢東像とそっくりだと思いました。どこの国にも同じような像があるんですね~。







右手を挙げて、革命軍を先導する毛沢東。







右手をあげるのは定番のポーズなのかもしれません( ゚∀゚)アハハ







ダッカでは、像だけでなく、肖像画もたくさん見かけることができますよ~

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの国父ムジブル・ラーマン像が、中国の毛沢東像とそっくりな件”

  • イスラム教的には、偶像崇拝はNGなのに、与党アワミリーグがかなり歪曲して解釈しているようですよ(^_^;)
    あっちを見てもこっちを見ても、ムジブル・ラハマンの肖像画や写真があるのは、独裁国家みたいですよね。。。

    • >RIEさん
      ほぼ一党独裁状態ですもんね!
      ミャンマーなどの国を見ているとつくづくそう思いますが、国を維持するのって大変ですよね。
      その点、日本は平和すぎるような気がします。
      高齢のハシナさんが退いた後、バングラデシュがめちゃくちゃにならなければいいですが・・・(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です