バングラデシュの教育機関、休校措置が12月19日まで延期

バングラデシュの教育機関、休校措置が12月19日まで延期

現地メディアによると、冬に新型コロナウイルス感染の第2波が到来する恐れがあることから、バングラデシュの教育省は11月12日、学校と教育機関の休校措置を12月19日まで延長すると発表しました。バングラデシュ政府は、それ以外の大半の制限を解除していますが、教育機関の再開には慎重になっています。





バングラデシュ政府は今年3月17日に学校と教育機関を閉鎖し、これまでに数回閉鎖期間を延長していました。直近の延長は、11月15日まででした。





それに伴い、日本人学校やアメリカンスクール、フレンチスクールなども、対面授業の再開は先送りにするようです。ただ、不思議なことにイスラム教の学校「マドラサ」は、すでに普通に授業を再開させているようです。

「アッラーが守ってくれるから、新型コロナウイルスは怖くない」ということなのでしょうか・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの教育機関、休校措置が12月19日まで延期”

  • マドラサは、孤児院的役割もあるので、早く再開してるんだと思われます。
    いつまで待っても、コロナはなくなりそうもないので、コロナと共存していく為に、今のだらけた衛生管理状況を打開する1手で、教育機関を再開し、生徒と保護者に、きちんと衛生教育をするのも一案なのになぁと個人的には思ったりします。そんな臨機応変なこと、バングラでは無理でしょうが(^_^;)

    • >RIEさん
      なるほど!! 孤児院的な役割があるんですか~!! マドラサに対するイメージが180度変わりましたw
      いままでは、マドラサというのは、人々を洗脳して、イスラム過激派みたいな恐ろしい人たちを養成する施設なのかと勘違いしていましたm(__)m 無知ってこわいですね((((( ;゚Д゚)))))

      手で食べる習慣があるのに、バングラの人たちは食べる前に手を洗わないと聞いたことがあるのですが、それが事実なら感染拡大しますよねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です