バングラデシュの洪水被害、国土の3分の1が浸水、150万人以上に影響

バングラデシュの洪水被害、国土の3分の1が浸水、150万人以上に影響

AFPなどによると、南アジア(インドやバングラデシュ、ネパール)では、雨期の洪水によって、約400万人が打撃を受けているようです。バングラデシュではこの10年で最大級の激しい雨によって、これまでに国土の約3分の1が浸水するなどし、少なくとも150万人以上に影響が出ているようです。





ダッカで暮らしていると、まったく実感がないですが、そんなに被害出てたんですね~(‘A`) コロナ禍で、この国での避難生活はきっとつらいと思います。祈ることしかできませんが、被災地が一日も早く復興してほしいです。





日本で大災害が発生すると、全国各地から民間ボランティアが集まってくれますが、バングラってどうなんですかね?? (´・ω・`)





それにしても、国土の3分の1が浸水するほどの洪水被害なのにも関わらず、ネットニュースではあまり騒がれていませんし、日本と比べると報道があまりにも少ないような気がします。現場取材は感染リスクも高いと思いますし、各メディアは被災地取材に人員を割けないのかも!?しれないですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です