バングラデシュの清廉度は180か国・地域中146位、NGOの2020年汚職調査

バングラデシュの清廉度は180か国・地域中146位、NGOの2020年汚職調査

国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)」が、各国・地域の汚職の度合いを数値化した「腐敗認識指数(CPI)」の2020年版で、バングラデシュの清廉度は調査対象180カ国・地域中、146位でした。







この調査では、「与えられた権限を濫用して私的利益を得ること」を「腐敗」として、各国の公務員や政治家などが賄賂などの不正行為に応じるかどうかを調べたようです。CPIは100点満点で、点数が低いほど腐敗が激しく、バングラデシュの点数は26点でした。







2020年の調査で、最も清廉とされたのはデンマークとニュージーランドで88点。3位はフィンランド、スイス、シンガポール、スウェーデン(85点)、7位はノルウェー(84点)、8位はオランダ(82点)、9位はドイツ、ルクセンブルク(80点)でした。







日本は74点で19位、米国は67点で25位、中国は42点で78位、インドは40点で86位、ミャンマーは28点で137位、カンボジアは21点で160位でした。ちなみに、最下位は、12点の南スーダンとソマリアでした。







何でもお金を要求してくるバングラデシュ人。チップを支払えば、これまで停滞していた物事でも、一気に進展することもあるようです。公務員でも平気でチップを要求してくるらしく、裁判官や検察官、警察官、入管職員など、ありとあらゆる職種の人たちが便宜を図る見返りに金銭を要求してくるようです。

言い方はとても悪いですが、ある知り合いの方は、「貧しい国なので、バングラデシュ人は首相も含めて、全員物乞い気質だよ」と言い放っていました。







それにしてもバングラ以上に腐敗が進んでいるのが、カンボジアというのは意外でした(゚Д゚) 







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “バングラデシュの清廉度は180か国・地域中146位、NGOの2020年汚職調査”

  • バングラは、何でも袖の下払わないと進みませんからね(;´д`)トホホ…
    低所得者ならまだしも、国家公務員があれでは、良くないとは思いますが。。。
    でも、私が初めてバングラに来た2002年より、空港内でのチップ要求は少なくなったと感じています。前は、赤外線チェックの職員からも要求されてたので。
    カンボジアはポルポト時代の名残ですかねー

    • >RIEさん
      2002年は赤外線チェックでお金を要求されていたんですかΣ(・ω・ノ)ノ!
      新型コロナが流行し始めた頃は、ダッカの空港で陰性証明書を買うことができたようですし、何でもありの空港ですね~w
      私は、世界で一番蚊が多い空港ではないかと思っているのですが、ダッカの空港を上回る空港ってありますかね??(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です