バングラデシュの都市封鎖が5月5日まで延長も、一部の工場再開へ

バングラデシュの都市封鎖が5月5日まで延長も、一部の工場再開へ

現地メディアによると、バングラデシュ政府は、新型コロナウイルスの更なる蔓延を防ぐため、官公庁やオフィスの閉鎖期間を4月25日から5月5日まで延長することを決めました。3月26日にすべての官公庁の閉鎖を発表した後、政府が休暇を延長したのは今回で4回目。5月6日は元々祝日なので、計42連休となりました。



一方で、一部の工場は、労働者の健康安全が確保できれば操業を再開できることになったようです。これは大きな決断ですね。



また、連休もついに1か月を超えますね。

自宅待機を1か月以上するのは人生初だと思います。

ただ、ダッカの家は、日本で暮らしていた家よりも圧倒的に広いので、圧迫感はそれほどないです。子供たちも家の中を走りまわっているので、まったく苦痛に感じていないようです。屋上で遊ぶこともできるので、良い気分転換になっているのかも( ゚∀゚)♬



窮屈な日本で自宅待機するよりも、ダッカでの自宅待機の方が伸び伸びできて良いですよー(‘ω’)ノ

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です