バングラデシュの高校校長、生徒50人の髪切り停職処分に

バングラデシュの高校校長、生徒50人の髪切り停職処分に

AFPによると、バングラデシュの警察は2月10日、西部の町にある高校校長(60歳)が規律違反の「長髪」だった生徒約50人の頭髪を切るなどしたとして、停職処分となったことを明らかにしました。規律を守らなかった生徒に対し、罰する目的だったようですが、地元では校長への抗議の声が上がっていたそうです。



 校長は9日午後、散髪用のはさみで男子生徒らの髪を切り始め、生徒がパニック状態になったという。警官はAFPに対し、「校長ははさみを無作為に走らせた。生徒約50人の髪を切った。複数の生徒が混乱時に負傷したと話している」と語ったようです。



この記事では、詳細がよくわからなかったのですが、「ゴクセン」みたいな不良高校だったのかな?(´・ω・`) どの国も教育現場は大変そうですね~

 


にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です