バングラデシュは6月第3週から国際便再開へ

バングラデシュは6月第3週から国際便再開へ

現地メディアによると、バングラデシュ政府は、2か月以上続いていた国際線の乗り入れ停止措置について、6月第3週から解除すると決定しました。まずは、英国・ロンドン行きとカタール・ドーハ行きのフライトを再開させるそうです。この国際線の乗り入れ停止措置によって、日本人は3月28日以降、事実上、バングラデシュを出国できない状態となっていました。




ついについに再開ですね。徐々に再開していくのでしょう。7月頃から香港やシンガポール行きのフライトも復活してくれたらいいですねー♪




在カタール日本国大使館によると、カタールには現在、入国を伴わないトランジット利用の規制は無く、カタール航空の日本就航便は現在成田便のみ運航しているようです。

ということは、これで6月第3週以降は、ダッカ-成田間はドーハ経由でつながったかもしれないですね(゚∀゚)




ロンドン経由での帰国は、遠いから現実的ではないのかなぁ・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です