マレーシアは、バングラデシュからの渡航者の強制隔離を21日間に

マレーシアは、バングラデシュからの渡航者の強制隔離を21日間に

ネット記事によると、マレーシアは、これまでに実施していたインドに加え、バングラデシュやスリランカ、ネパール、パキスタンからの入国者に対しても、14日間の強制隔離期間を21日間にすると発表したようです。













ベトナムやシンガポールも、入国者に対する強制隔離期間を、これまでの14日間から21日間に延長しています。両国では、14日間の強制隔離を終えた入国者から新型コロナウイルスの感染が相次いで確認され、水際対策の強化を決めたようです。







変異ウイルスは、14日間の隔離では不十分なのか?

日本ではそういう議論がされているのか、少し心配になりますが、海外に住んでいる邦人としては、14日間から21日間に隔離期間が延長されたらそれはそれはえらいこっちゃですよね(゚д゚)

今後、他の国も21日間の隔離に変更していくと、ひょっとするかもしれないですね~~。。他国の状況も注意深くウォッチしていかないといけないですね( ゚∀゚)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “マレーシアは、バングラデシュからの渡航者の強制隔離を21日間に”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です