ロヒンギャ難民キャンプ、バングラ政府は「コロナ封じ込めに成功」と発表

ロヒンギャ難民キャンプ、バングラ政府は「コロナ封じ込めに成功」と発表

AFPによると、バングラデシュ当局は、ロヒンギャ難民の間で発生した新型コロナウイルス流行の封じ込めに成功したと発表しました。過密状態にある難民キャンプでは、ウイルスの蔓延が懸念されていました。





同国南東部にある複数のキャンプには、ミャンマー軍による2017年の弾圧から逃れてきたイスラム系少数民族ロヒンギャら100万人近くが滞在していました。

当局によると、5月に最初の感染者が確認されて以降、同国内のキャンプでは724人が検査を受け、54人の陽性が確認され、そのうち死亡したのは5人のようです。



本当であればよかったです!

この調子で、ダッカ市内も封じ込めてほしいですw

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



2 thoughts on “ロヒンギャ難民キャンプ、バングラ政府は「コロナ封じ込めに成功」と発表”

  • 本当だったらいいですね〜
    政府発表には懐疑的な私です(^_^;)

    ロヒンギャキャンプ近くのコックスバザールやチッタゴンはまだまだ感染拡大してるみたいなので、今後、人の流れが再開したら、どうなることやらですね。

    • >RIEさん
      私も同じく懐疑的です!ww
      バングラデシュだけでなく、日本政府の発表も疑いの目で見てしまっています!!

      それにしても日本のコロナ感染者が増えてきましたね。日本も経済優先でコロナ対策が適当になってきているように感じます。
      コロナウイルスの徹底排除は諦めたのか・・・。日本の安倍さんも、ブラジル大統領みたいに「コロナはただの風邪」とか言い出しそうですよねw

ひばり へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です