中国製やロシア製の偽ワクチンの発見が相次ぐ

中国製やロシア製の偽ワクチンの発見が相次ぐ

読売新聞によると、新型コロナウイルスの偽ワクチンが見つかっている中国で、ワクチンに見せかけた食塩水などが国外にも出荷されたケースがあると、北京市共産党委員会機関紙・北京日報が2月16日伝えたそうです。




 同記事によると、偽ワクチンを製造したり、販売したりして立件された事案は、中国全体で今月10日までに21件発生。最高人民検察院(最高検)は昨年11月、香港経由で偽ワクチン600本が持ち出された事例を確認したようです。中国での偽ワクチンをめぐっては、約5万8000本を売り上げ、約1800万元(約2億9300万円)を荒稼ぎしたグループもあるようです。







これ、氷山の一角だと思います。

別の報道では、ベルギーの保健当局が16日、ロシア製とみられる偽ワクチンが流通していると注意を呼び掛けたようです。 




中国やロシアだけで終わるはずがありません。偽造大国のバングラデシュでも、絶対に同じようなことが起きると思いますので、気をつけたいですね。

けど、ワクチンが本物か偽物かを見極めるって結構難しそうですよね。インドがくれたワクチンが全部食塩水だったとしても誰も気が付かないかもしれないですし(ノ∀`)

バングラ側はしっかりチェックしているのかな~。。。




中国で製造された偽ワクチンはどこの国に送られたのか、とっても気になります(;´Д`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



4 thoughts on “中国製やロシア製の偽ワクチンの発見が相次ぐ”

  • 中国は元々偽薬大国ですし(製薬会社で働いてた時に、結構グロい教育ビデオを見ました)、偽ワクチンもかなり作られてるでしょうね(^_^;)
    本来は、ワクチンはロット番号で管理されてて、接種追跡もできるようになってますが、世界中で慌てて接種開始されたコロナワクチンはどこまで管理されてることやら。。。
    もし、打つことになったら(日本でもバングラでも)、ロット番号と有効期限はきちんと自分の目で確認したいなぁと思いますが(子どもたちの予防接種の時は、毎回確認してました)、どうなりますかねー

    • >RIEさん
      なるほど~。ロット番号と有効期限が大事になってくるんですね♪
      まったく気にしたことがなかったので、次回からは気をつけて確認してみようと思います!
      中国製はやっぱりなんでも要注意ですね(’A`)

      • 日本だと、母子手帳のワクチンのページに、小さいシールが貼ってあって、ロット番号と有効期限が記されてます。このシールは、予防接種を打った病院にも、記録として残っています。
        バングラでは、このようなシールはないようなので、日本独自のやり方だと思いますが、管理にはとても便利ですよね。
        バングラで、予防接種打った時には、直接ワクチンの瓶を確認させてもらいました。

        • >RIEさん
          シールありました!! こちらでワクチンをうったらシールをもらえないんですね~!! 
          バングラでワクチンをうつことはおそらく無いと思いますが、万が一うつ機会があれば、チェックしておきます♪( ゚∀゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です