国際運転免許証取得と日本の運転免許証の特例更新方法について

国際運転免許証取得と日本の運転免許証の特例更新方法について

ついに海外赴任日が迫ってきました。現在は引越し作業と国内の様々な手続きに追われています。自動車運転免許証の有効期限は半年以上残っていましたが、次に日本にいつ戻って来れるのかわからなかったので、通常の更新期間 (誕生日をはさんだ前後2か月間) よりも早めに更新ができるのか、最寄りの警察署に問い合わせてみました。



警察署に確認したところ、外国滞在中に国内の運転免許証の有効期限が切れてしまう場合は、通常の更新期間前に更新手続きができるとのことでした。こうした手続きのことを、特例更新と呼んでいるそうです。



私は最寄りの運転免許センターで、更新の手続きと国際運転免許証取得の手続きをしてきましたが、午前10時から正午までの約2時間で、即日交付・更新できました。

1時間の一般運転免許者向けの講習と、30分くらいの講習前の待ち時間以外は割とスムーズでした。平日の火曜日や木曜日が比較的空いているそうですよ(‘ω’)ノ



国際運転免許証(国外運転免許証)とは

すべての国で有効というわけではありません。ジュネーブ条約の加盟国でのみ、運転が可能です。国によっては、日本の免許証の掲示も求められることもあるようなので、運転する際は、日本の免許証も同時に携帯したほうが良いそうです。

有効期間は発給の日から1年で、更新はできません。 再度必要な場合は、再取得しなければなりません。

また、海外で運転できる車は、日本の運転免許の種類(原付、大特は無し)と同じです。



国際運転免許証が有効な国等の一覧をまとめてみました。自分で運転することはないと思いますが、バングラデシュでも使用できるようです。今回は、旅行先の第3国でレンタカーを借りることもあるかもしれないので、念のため取得してみました。



国際運転免許証申請に必要な書類等

必要な書類等は下記の通りです。

① 国外運転免許証交付申請書 ※申請用紙は運転免許センター・警察署で入手可能

② 運転免許証 ※有効期限内のもの

③ 申請用写真1枚 (縦5cm×横4cm) ※申請前6か月以内に撮影した写真で、無帽、正面、上三分身、無背景に限る。パスポート用の写真よりも若干大きいサイズなので要注意!

④ 外国に渡航することを証明する書類(パスポートでOK)

⑤ 前回取得した国際運転免許証 ※該当者のみ

⑥ 手数料 概ね2000円~3000円 ※都道府県によって異なる



この国際運転免許証を使う日は来るのかなぁ( ゚∀゚) ただの記念になるような気がしますが・・・

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です