在留届を提出-ネットが便利-

在留届を提出-ネットが便利-

旅券法第16条では、外国に住所又は居所を定めて3か月以上滞在する日本人は、その住所又は居所を管轄する日本の大使館又は総領事館に「在留届」を提出しなければいけないと義務付けられています。






これは事前申請するのではなく、現地の住所が決まった後、 「在留届電子届出システム(ORRnet)」から提出できるようです。以前は、ネット上からは提出できなくて、在外公館の窓口に紙の「在留届」を持って行っていましたが、便利になりましたね。

もちろん、現在も直接窓口に持参しても受け取ってもらえるようです。 ちなみに、帰国する際や、提出した在外公館の管轄外にお引越しになる際には、帰国・転出届を提出する必要があるようです。






提出の際に必要な情報

提出する際には、以下のような情報が必要になるようです。

1.日本国旅券番号(パスポート)※同居家族分も含む

2.本籍地

3.自宅等連絡先(住所、電話・携帯・FAX、メールアドレス)

4.緊急連絡先(住所、電話・FAX・メールアドレス)

5.日本国内連絡先(住所、電話)

6.同居家族連絡先(携帯、メールアドレス)

いまだに本籍地をしっかり覚えられていないので、事前にしっかり確認しておく必要がありますね( ..)φメモメモ






在留届を提出するメリット

「在留届」を提出すれば、緊急事態が発生した場合に、日本国大使館や総領事館からメールによる通報や迅速な援護が受けられるようです。


海外滞在が3か月未満の場合や、赴任先から別の国へ旅行や出張する際は、外務省海外安全情報配信サービス「たびレジ」を登録すれば、その国の緊急情報などを受け取ることができるようです。



赴任後、バタバタすると思いますが、提出するのを忘れないようにしないといけないですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です