変異ウイルスが流行か、バングラデシュで感染者が急増

変異ウイルスが流行か、バングラデシュで感染者が急増

現地メディアによると、バングラデシュでは3月9日以降、新型コロナウイルスの感染者数が急増しており、専門家は「英国型や南ア型などの感染力の高い変異ウイルスの流行が原因ではないか」と推測しているようです。







専門家ではなくても、世界各地の感染状況をみれば、そのように考えるのが普通だと思います(´・ω・`)

バングラ型の独自の変異ウイルスの可能性もあるようですし、少しこわいですね。







3月22日の新規感染者数は、2809人です!!! 30人が亡くなったようです。

めちゃくちゃ増えてますよね((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル







ワクチンの普及が先か、ウイルスの変異スピードがそれを上回るか・・・。

バングラは暑くなってきたので、ウイルスも元気がなくなるのかな~と思っていたのですが、暑さはウイルスの増減に関係ないのかもしれないですね(‘A`)







にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です