外出制限が続くバングラデシュで、丸刈り男子が急増!?

外出制限が続くバングラデシュで、丸刈り男子が急増!?

「ばっさり切っちゃいました」

我が家の警備員が昨日、照れ笑いを浮かべながら、帽子をぬいで丸坊主になった頭を披露してくれました。

イスラム社会で「一人前の男性」の証である立派なあごひげは健在でしたが、頭はとても涼し気な様子になっていました。

最近暑くなってきたので、さっぱりしたかったんだろうと思っていたら、「床屋が開いていないから、自分でね」と、頭を丸めた意外な理由を明かしてくれました。



新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、官公庁やオフィス、工場、商店などの閉鎖が続いているバングラデシュ。一部は、警察の目から逃れるためにシャッターを閉めて、隠れて開店しているお店もあるようですが、大半は閉まっています。この約1か月間、床屋も例外ではなく、営業していません。



そういえば、確かに最近、坊主頭の男性を見かけることが増えています。帽子をかぶっているとわかりにくいですが、きっと結構な数だと思います。

新型コロナの影響で、丸刈りの男性が増えるという現象は面白いですね。

世界中の国で丸刈り男性増えているのかな??? 旦那にも勧めてみようかしら(ノ∀`)

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です