強制わいせつ疑いでバングラデシュ人を逮捕、神奈川県警

強制わいせつ疑いでバングラデシュ人を逮捕、神奈川県警

 産経新聞によると、女性にわいせつな行為をしたとして、神奈川県警幸署は11月18日、強制わいせつの疑いで、バングラデシュ国籍の飲食店従業員、ラマン・モハメド・ハビブラ容疑者(50)=横浜市鶴見区駒岡=を逮捕したようです。「女性の体を触ったことに間違いないが同意のうえだった」と容疑を一部否認しているようです。





 逮捕容疑は、9月16日午後8時10分ごろから約20分間にわたり、川崎市幸区の路上や商業施設内で、同区内に住むパート従業員の女性(31)の上半身を触るなどのわいせつな行為をしたとしています。同署によると、事件2日後の同月18日、同署川崎駅西口交番に女性が相談に訪れ、事件が発覚。犯行現場となった商業施設内の防犯カメラの映像などから、ラマン容疑者が浮上したようです。同署には5月以降、現場周辺で同様の被害に遭ったという女性からの相談が複数寄せられているといい、同署はラマン容疑者の関与について調べを進めています。





日本で悪さをするベトナム人は窃盗事件(ドラッグストアでの組織的な万引き等)が多いようなイメージですが、バングラ人は性犯罪事件が多いような気がします(‘A`) 





バングラで、レイプなどの性犯罪が多いことも関係しているのかな?? 

にほんブログ村 海外生活ブログ バングラデシュ情報へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です